「2017年11月」の記事一覧

【要注意】意外に知られていない小規模企業共済のデメリット

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
提案する女性

掛金は全額所得控除が受けられ、共済金を受け取る際にも税制上の恩恵が受けられるメリット満載の小規模企業共済。しかし、メリットばかりではありません。知らないと損するデメリットも潜んでいるのです。ここでは、小規模企業共済に加入する事で得られるメリットのおさらいと、加入前に知っておきたいデメリットについて見ていきます。

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)を解約する際の注意点や解約手続きの方法

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
提案する女性

セーフティ共済(倒産防止共済)を解約する際は、全額収入金額となるので税金(所得税・住民税)が通常の年よりもたくさん発生する可能性が有ります。従って、解約する場合はタイミングがとても重要となって来ますよ!そこで、ここでは解約時の注意点や解約時の手続き方法について見ていきましょう。

【完全保存版】小規模企業共済の基本と節税メリットの試算

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
自営業者

個人事業主にとって最強の節税商品と名高い中小機構の「小規模企業共済」。退職金の無い個人事業主にとって効率的に老後の資金を貯める事の出来る優れた共済です。支払った掛金は全額所得控除で解約時の共済金も税制優遇有り。そんな小規模企業共済についてここでは基本から解説していきます。

【保存版】 役員退職金の税金の計算方法と適正な支給額の考え方

FX法人化
ガッツポーズをする男性

役員を退任すると、今まで会社に貢献してきた対価として役員退職金(役員退職慰労金)をもらう事が出来ます。また、退職金は退職所得として税制上非常に優遇されているので、所得税や住民税は給料でもらうよりも大幅に少なくなります。しかし、いくらでも損金算入が認められるという訳では有りません。ここでは、役員退職金を支給する際の税金計算方法や適正な支給額などについて見ていきましょう。

【事例あり】外貨預金で為替差益が出たときの確定申告書の書き方と計算方法

FXの税金・確定申告【個人】 外貨預金
為替

外貨預金で為替差益を得た場合は確定申告が必要となります。この為替差益の税金はどの様にして計算するのでしょうか?また、確定申告書にはどの様に記載すればいいのでしょうか?初めてだと戸惑うかもしれませんが、一度理解するととても簡単に確定申告出来ますよ!

FXの税率及び税制改正の歴史【2017年最新版含めまとめ表あり】

FXの税金・確定申告【個人】
税金

2017年現在、FXによる所得は先物取引に係る雑所得等として20.315%の申告分離課税の対象です。日本でFX取引が始まって20年程度ですが、現在の脱税者を確実に捕捉する厳しい税制度に至るまでには様々な改正がされています。ここでは、FXを取り巻く税制の歴史について見ていきましょう。

外貨MMFの税金のすべて!改正で無税メリットは終了

FXの税金・確定申告【個人】 FX以外の金融商品
税金

外貨MMFは2015年末まで譲渡益(為替差益)が非課税という、とても恵まれた投資商品でした。しかし、2016年1月1日以降は課税対象となり、投資商品としての魅力は激減!ここでは、外貨MMFの現行と過去の課税関係を紹介すると共に、外貨MMFの税金に関係する諸疑問に答えていきます。

法人の事業年度・決算月は何月に設定すべき?主観おすすめランキング

FXの税金・確定申告【個人】
カレンダー

法人の決算月は何月にしていますか?適当に会社を設立するタイミングだけで選んでないでしょうか。決算日は会社の節目という意味ではとても重要です。自分なりの信念を持って決算月を決めているのであればいつでも構わないですが、ここでは「税務調査リスク」に着目して、オススメの決算月ランキングを紹介していきます。決算月によって税務調査の入る可能性が変わる・・・かも!?

ページの先頭へ