「2018年4月」の記事一覧

節税のプロが教える!小規模企業共済・iDeCo・国民年金基金の違いと加入の優先度

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
悩むサラリーマン

老後の資金や退職金の準備方法として人気の「小規模企業共済・iDeCo・国民年金基金」。これらの制度の違いをちゃんと理解していますか?どれも基本的な目的は老後資金の準備なので同じですが、制度上異なる点も色々とあります。「思っていたのと違うし、お金もないから」と言ってあとでやっぱり違う制度を利用しようと思っても、途中解約の制限があるし、解約出来てたとしても戻ってくるお金が少なくなり、損をする可能性が高いです。それぞれの制度がどう違うのかについて、主な項目に焦点を当てて解説していくのでここでしっかりと学んでおきましょう。また、加入するのであればまずどの制度がオススメなのか、という点についても解説していますよ。

個人の青色申告とは?メリット・デメリットを1から10まで徹底解説!

FXの税金・確定申告【個人】
確定申告する女性

個人の確定申告の方法には青色申告と白色申告とがありますが、両者の違いは知っていますか?個人事業を始めて届出をするために税務署にいくと真っ先に青色申告を勧められますが、青色申告をするとどんな恩恵が受けられるのでしょうか。ここでは、青色申告をする事によるメリットやデメリットについて解説していきます。青色申告をすると税金が安くなり、融資も受けやすくなるなどいい事づくしですよ!逆に白色申告をするメリットはあまりないので、これを機に今まで白色申告だった方も青色申告に切り替えてみてはどうでしょう。

100万円はいる!?FX業者別、法人口座開設時の最低資本金の基準額一覧

FX法人化
会社とお金

FX取引を個人でしていた方が、節税目的やハイレバレッジ取引目的で法人成りすることがあります。FX法人を設立する際、資本金はいくらでも良いのでしょうか?法人自体は資本金1円から作ることができますが、法人口座を作る場合、FX業者による審査が行われます。資本金が少なすぎるとその審査で落ちてしまいますよ。そこで、ここではFX業者ごとの必要最低資本金額について紹介していきます。他にも、最大で資本金をいくらにすべきか、増資以外で取引証拠金を確保する方法などについても触れていきます。

FXやCFD取引にはなぜ源泉徴収制度がないのか?

FXの税金・確定申告【個人】
むしゃくしゃする女性

FX取引による利益は「先物取引による雑所得等」として申告分離課税の対象です。一方で、株式取引による利益も同じく申告分離課税の対象ですが、株式取引の場合は特定口座(源泉徴収あり)を選べば確定申告をする必要はありません。FX取引は業者が源泉徴収してくれないので、確定申告をしないといけないですが、なぜ株式取引の様に源泉徴収をしてくれないのでしょうか?ここでは、なぜFXやCFDに源泉徴収制度がないのか、という点についてわかりやすく解説していきます。

ページの先頭へ