ルール

個人でFX取引をしていて、これからFX法人を作ろうと考えている方!

個人で口座を開設したときと同じ様に法人でも口座開設をすればいいだけで、取引が始まれば特に違いは無いと思っていませんか?

実は、個人口座と法人口座では取引ルールが違うのです。知らずに法人化して今まで通り取引をしていると思わぬ失敗をするかもしれませんよ。

そこで、ここでは「FX口座のルールが個人と法人とでどの様に違うのか」という点について、主要なFX業者をいくつか比較しながらみてみましょう。

スポンサーリンク

FX取引における個人口座と法人口座のルールの違い

提案する女性

ここからは、個人口座と法人口座での取引ルールを比較してみましょう。

比較するのは、以下の3業者です。

  • GMOクリック証券
  • 楽天証券
  • DMMFX
基本的な取引ルールを比較しています。例外などの詳細な取引ルールについては、各自公式ホームページ等で確認する様にしてください。

GMOクリック証券の場合

まずはGMOクリック証券の主な取引ルールについて、個人口座と法人口座とで違いがあるかを見てみましょう。

項目個人口座法人口座
取り扱い通過ペア19種類
手数料無料
取引単位10,000通貨単位
(南アフリカランドは10万通貨単位)
注文方法PC・携帯等のインターネットを通じて注文
レバレッジ
(必要証拠金率)
最大25倍為替リスク想定比率に応じて変動
取引時間月曜午前7時〜土曜午前7時
注文受付時間24時間365日
(メンテナンス時間は除く)
1注文あたりの最大注文数量100万通貨
1日の取引上限各通貨5,000万通貨(決済注文は上限なし)
建玉上限全通貨ペア合計4,000万通貨
ロスカット証拠金維持率が50%を下回った場合
ロスカットアラート証拠金維持率が100%を下回った時
追加証拠金毎営業日、ニューヨーククローズ時点で証拠金率が100%を下回った場合に発生。翌営業日の午前3時までに入金等が必要。解消されなかった場合は反対売買。
注文タイプスピード注文・成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFD-OCO
注文の有効期限当日・週末まで・無期限・日時指定
初回最低振替額下限なし
スワップの授受ニューヨーククローズ時
受渡日即時

GMOクリック証券では個人口座と法人口座の取引ルールは基本的に同じですね。

唯一の違いは、レバレッジです。個人は最大25倍で、法人は為替リスク想定比率によって変動します。ただ、これはGMOクリック証券に限った話ではなく、どこのFX業者でも同じ事ですけどね。

法人FX口座に対するレバレッジ規制が開始!現在の証拠金倍率は?・・・記事未了

スポンサーリンク

楽天証券の場合

次に楽天証券の場合はどうなのか、主なルールを比較してみましょう。

項目個人口座法人口座
取り扱い通過ペア24種類
手数料無料
取引単位1,000通貨単位
注文方法PC・携帯等のインターネットを通じて注文
レバレッジ
(必要証拠金率)
最大25倍為替リスク想定比率に応じて変動
取引時間月曜午前7時〜土曜午前7時
注文受付時間24時間365日
(メンテナンス時間は除く)
1注文あたりの最大注文数量200万通貨
建玉上限全通貨ペア合計30億円相当額
ロスカットレバレッジによって20〜95%で任意に設定可能証拠金維持率が50%を下回った場合
追加証拠金毎営業日、取引日の取引時間終了時点に属する日の午後6時までに入金等が必要。解消されなかった場合は反対売買。
注文タイプASストリーミング注文・ストリーミング注文・指値、逆指値・IF-DONE・OCO・全決済・通貨ペア全決済
注文の有効期限当日・週末まで・無期限
スワップの授受各営業日の終了時
受渡日即時

楽天証券の場合は、レバレッジ規制以外にもロスカットのルールが違いますね。個人口座では任意にロスカット率を設定出来るのに対し、法人口座では証拠金維持率は50%を下回ったときのみで、選択の余地は有りません。

取引前にしっかりとおさえておかないと、気づいたらロスカットされてるという事も有りそうですね。

DMMFXの場合

最後にDMMFXの基本的な取引ルールを見てみましょう。

項目個人口座法人口座
取り扱い通過ペア20種類
手数料無料
取引単位10,000通貨単位
注文方法PC・携帯等のインターネットを通じて注文
レバレッジ
(必要証拠金率)
最大25倍為替リスク想定比率に応じて変動
取引時間月曜午前7時〜土曜午前6時50分
(夏時間は5時50分まで)
注文受付時間24時間365日
(メンテナンス時間は除く)
1注文あたりの最大注文数量100Lotまで
建玉上限全通貨ペア合計10,000Lot
ロスカット証拠金維持率が50%を下回った場合
追加証拠金毎営業日のマーケットクローズ時点で維持率判定し、100%を下回った場合、翌営業日の4時59分までに入金等が必要。解消されなかった場合は反対売買。
注文タイプストリーミング注文・成行・指値・逆指値・クイック決済・一括決済・IFD・OCO・IFO
注文の有効期限今日中・今週中・無期限・期間指定
スワップの授受各営業日の終了時
受渡日即時

DMMFXも基本的に、個人口座と法人口座とでルールは同じですね。違いは、レバレッジが個人と法人とで異なる点(上述した様に、これはどこの業者でも同様)です。


主要なFX業者3社の取引ルールについてみてみました。基本的な取引ルールに関しては個人と法人とで同じものが多いですね。

チェックすべき点は以下の2つと言えそうです。

  • レバレッジの上限(必要証拠金率)
  • ロスカットの基準

いずれも取引をする上では重要な点です。個人のときと同じだと思い込んでいると、気づいたらロスカットされていた、ということもあるので注意しましょうね。

個人で出たFXの利益を法人で計上する事は出来る?

疑問に思う女性

FX法人を作ったからと言って、法人設立後に個人でFXをしてはいけない、というルールは特に有りません。従って、法人と並行して個人でFX取引をすることも可能です。

すると、勘の鋭い人であれば「個人で得た利益を法人で計上してもいいのか?」という点が気になるのではないでしょうか。

個人で得たFXの所得は20.315%が課税されますよね。一方で、FX法人で得た利益はそこから役員報酬などの経費を差し引いた残りの所得に対して、約21%(所得が400万円以下の場合)の法人税等が課税されます。

個人のFX取引で利益がたくさん出てしまった場合、FX法人で個人の利益を計上して役員報酬を払えば所得の分散によってトータルの税金を減らす事が可能です。

しかし、個人で確定させたFXの利益については残念ながら法人で計上する事は出来ません

なぜなら、個人で得たFXの利益は「先物取引に係る雑所得等」と決まっているからです(参照元:国税庁)。

個人名義で口座を開設して取引をしている場合、その利益は個人に帰属する事になります。これを勝手に法人で計上して個人で申告しなかったら、税務署から連絡が来る事になるでしょう。

参考:FX業者は年間の取引損益を税務署に支払調書として提出しているので、申告していない分があるとすぐにバレます。

税金の負担

では、個人の利益を法人に移す事は絶対に出来ないのでしょうか?

答えは、「出来る!」です。具体的にどうすればいいか?というと、ポジションの両建てをすればいいのです。

FX法人口座と個人口座で両建てのポジションを持ち、FX法人口座で利益・個人口座で損失が出る様にすれば、実質的に個人のFX利益を法人で計上しているのと同じ状況になりますよね。

ただ・・・、「言うは易く行うは難し」で、両建てすればいい!というのは簡単ですが、実際にはうまく法人口座で利益が出て個人口座で損失が出るとは限りません。逆の結果になって余計に個人の税金が増えてしまうケースもあるでしょう。従って、FX歴が浅い人はあまりしない方がいいでしょうね。

:個人名義でFX等の投資ファンドで運用している場合、口座を法人名義に変更してくれるファンドがある様ですが、名義変更してくれたからといって、所得の帰属も移ったとは言えません。投資資金が個人から出ているのであれば、そこから発生した利益は個人に帰属するのが原則(実質課税の原則)ですからね。

最後に

個人口座と法人口座とで、FXの取引ルールが異なるかどうかについて見てきました。

基本的なルールはだいたい同じですが、ロスカット率など取引上重要な点が異なるケースが有ります(レバレッジの上限が個人と法人とで異なるのは、どこのFX業者を使っても一緒)。

口座開設する前に、何が違うのかはきちんと調べておく様にしましょうね。

スポンサーリンク