「FX法人化」の記事一覧(2 / 2ページ目)

会社の住所をバーチャルオフィスにするメリット・デメリット

FX法人化
バーチャルオフィス

会社を設立する際には、出来る限りコストを抑えていきたいですよね。そこで、最近はお手頃価格で手軽にビジネスを始められる事から「バーチャルオフィス」が人気です。バーチャルオフィスの住所を会社にすると、どの様なメリットやデメリットが有るのでしょうか?以下で見ていきましょう。

会社の本店所在地の決め方・ポイントと変更時の手続・費用のまとめ

FX法人化
会社のビル

会社を設立する際に必ず決めておかなければならないものの1つに、「本店所在地」が有ります。本店所在地は、読んで字の如く「本店の所在地」なのですが、特段の制限が無いので決めるのに悩む方が多いかもしれません。そこで、ここでは会社の本店所在地の決め方について解説していきます。

株式会社の剰余金の分配可能額・利益の計算の仕方

FX法人化
電卓と女性

儲かっていれば会社はいくらでも配当する事が出来るのでしょうか?いえ、そんな事は有りません!上限無く配当をしてしまうと、会社経営が成り立たなくなるので、決まった金額以上の配当金を支払う事は出来ないです。ここでは、会社がいくら配当出来るのか、配当が出来る上限額の計算方法を見ていきましょう。

一般社団法人を使って営利業務を営むメリット・デメリット

FX法人化
一般社団法人

一般的に、会社経営と聞くと株式会社や有限会社を最初にイメージする方が多いのではないでしょうか?最近では合同会社も結構増えて来ましたよね。しかし、法人形態には「一般社団法人」というものも有ります。ここでは、一般社団法人の概要の概要やメリットやデメリットについて見ていきましょう。

株式会社と合同会社の設立費用・維持コストの比較

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
会社とお金

法人を設立する際に、「法人の設立費用や維持コストがどれくらいかかるのか」という点で悩んでいませんか?ここでは株式会社と合同会社の設立費用や維持コストがどれくらいかかるのかを比較していきましょう。どちらで設立すれば良いか悩んでいる方の指標になればと思います。

社宅家賃を経費にする手順・コツ【規定類の作り方や相場観の考え方まで】

FX法人化
社宅家賃

法人の節税対策としてよく使われる方法として、「社宅家賃を経費計上する」というものが有ります。住居費は、会社の経営に関わらず役員や従業員個人に発生しているものなので、それを会社の経費に出来るのであれば嬉しい限りですよね。社宅家賃はやり方を間違えると給与課税となる事も有るので、手順やコツをしっかりと学んでおきましょう。

【試算例付】役員報酬ではなく配当金で受け取る方が有利になる場合も有る!?

FX法人化
配当金

中小企業の経営者が、会社からお金を貰う方法として最も一般的なのは「役員報酬」として払い出す事ですよね。しかし、中小企業は社長が100%株式を所有している事も珍しく有りません。その場合、役員報酬ではなく「配当金(剰余金の配当)」として払い出した方が得なケースが有るのです!どういう事なのか詳しくていきましょう。

オーナー企業の効率的な(小口)経費の精算方法

FX法人化
現金出納帳

会社で発生する小口の経費はどの様にして処理していますか?(小口)現金出納帳を作って管理している方が多いでしょう。しかし、社長が1人で経営している様な中小零細企業の場合、わざわざ現金出納帳を作って現金管理をするのは面倒ですよね。ここではオーナー企業の効率的な経費精算方法について紹介していきます。

電車やバスなど領収書が貰えない経費の処理の仕方

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
領収書

事業に関係する支出であれば、基本的には何でも必要経費や損金として認められます。しかし、中には電車代やバス代の様に、通常領収書が発行されないものが有りますよね。 領収書が貰えない支出については、どの様にして経費処理をすればいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

創立費の会計仕訳と税務上の処理・開業費との違い

FX法人化
会社とお金

法人を設立する際には、登記などの費用が必要となりますよね。設立の為に必要となった費用(創立費)は、当然法人費用(損金)として認められるのですが、その処理方法は知っていますか?ここでは、創立費の範囲や処理方法、創立費と似た勘定科目である「開業費」との違いなどについて解説していきます。

欠損金の繰越控除と繰戻還付の違いと繰戻還付を使った方がお得になる場合

FX法人化
提案する女性

「欠損金の繰越控除」と「欠損金の繰戻しによる還付(繰戻還付)」の2つは名前が似ていますが、それぞれの違いは知っていますか?繰戻し還付を利用する方はそれほど多くないでしょうが、「使った方が得になるケースが有る」事を知らない方が意外に多いと思います。「面倒だから繰越控除でいいや」と思っていると損をするかもしれないですよ!

短期前払費用は万能ではない!考え方と損金算入できる項目・できない項目の具体例付

FX法人化
会計処理

節税対策の1つとして短期前払費用がよく挙げられますが、どういったものか知っていますか?また、本当に節税効果は有るのでしょうか?ここでは、「短期前払費用がどういう性質のものなのか」や「節税効果は有るのか」、「短期前払費用として損金算入出来る項目・出来ない項目」などについて解説していきます。

社宅家賃の会計仕訳と税務処理

FX法人化
社宅の会計処理

節税や従業員への福利厚生目的で、社宅制度を導入している会社をよくみかけます。従業員からしても、家賃を会社が負担してくれるので大助かりですよね。会社が支払った家賃や役員や従業員等が負担した社宅の家賃相当額は、どの様な会計・税務上の処理をすれば良いのでしょうか?ここでは、社宅家賃に関わる仕訳や消費税の扱いなどを見ていきます。

小規模企業共済と経営セーフティ共済の貸付制度の比較

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
貸付

中小機構が運営している小規模企業共済と経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は、掛金が全額所得控除又は必要経費(損金)となることから、個人事業主や中小企業にとても人気が有ります。しかも、簡単な手続で迅速にお金を借りる事が出来るので、いざというときにとても役に立ちますよ!ここでは、小規模企業共済と経営セーフティ共済の貸付制度を比較し、それぞれの特徴や違いを見ていきましょう。

FX個人投資家が会社設立するなら合同会社or株式会社のドッチが有利?

FX法人化
どっちが有利?

FX個人投資家は利益が大きくなって来ると法人成りを考える方が多いですよね。しかし、会社設立の際にはどの会社形態を選ぶのが有利なのでしょうか?ここでは、株式会社と合同会社の特徴から、FX個人投資家が会社設立をする際にどちらを選んだ方が良いのか、について見ていきます。

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)の基本【掛金や節税のポイント】

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
提案する女性

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は、個人事業主や中小企業が加入する共済です。上手く利用することで節税に活用できますし、得意先が倒産した場合には借入も受けられます。ここでは、中小企業倒産防止共済の掛金や節税のポイントなどを見ていきましょう。

1年以外もいける!半年決算にするメリット・デメリット

FX法人化
カレンダーと電卓

会社の決算は「1年に1回しか駄目」と思っていませんか?確かにほとんどの会社は事業年度を1年にしていますが、半年決算にする事も可能なのです!ここでは、半年決算にするメリット・デメリットを紹介するとともに半年決算法人の「法人税や消費税の計算の仕方」「交際費・減価償却の計算の仕方」なども紹介していきます。

法人の青色申告って何?特典や要件・手続きのおさらい

FX法人化
青色申告

法人の青色申告って個人の青色申告と比べると話題に上がる事があまりありません。でも法人も青色申告をしていないと「青色欠損金の繰越控除・繰戻還付」「少額減価償却資産の特例」などが受けられませんよ!この記事では法人が青色申告する場合の要件や特典等をおさらいしていきます!

旅費日当で手取り額を増やす!否認されない日当額のポイントは相場観

FX法人化
出張にいく男性

会社経営をする上では、効率的に給与の手取額を増やして、可能な範囲で節税もしたいですよね。そんな理想を実現する方法の1つに「出張時に日当を支給する」というものが有ります。但し、支給した日当が無条件に経費として認められる訳では有りません。ここでは、会社で日当を支給する方法や注意点について見ていきましょう。

投資法人が投資資金を銀行から借入(調達)することは可能か?

FX法人化
銀行で借入

FXで資金運用するには元手が必要ですよね。手元に十分な投資資金が無い場合、FXの為に設立した投資法人で銀行から投資用の資金を借りる事は出来るのでしょうか?借りる事が出来れば、その資金を元に一気に利益獲得を狙う事も可能となるので、気になるところですよね。

会社の経費の支払いに個人のクレジットカードを利用しても問題ないか?

FX法人化
クレジットカード

会社の経費を支払う際に、クレジットカードを使う方は多いでしょう。しかし、法人名義のクレジットカードは発行時の審査が厳しい事も多く、設立間もない頃だと審査に落ちるという話もよく聞きます。そこで、社長個人名義のクレジットカードを利用しても、会社の経費としては問題ないのでしょうか?以下で見ていきましょう。

ページの先頭へ