領収書

確定申告と切っても切れない関係なのが領収書です。

  • そもそもなぜ確定申告をするのに領収書が必要なのでしょうか?
  • 領収書がないと経費として認められないのでしょうか?

ここでは、FXで経費を計上する際の領収書について、必要性や効率的なまとめ方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

領収書の必要性や保存について【なぜ領収書が必要なのか?】

そもそも、領収書はなぜ必要なのでしょうか?

それは、所得が「収入から経費を引く事で算出されるから」です。

FXの場合、収入に関しては取引記録があるので簡単に把握出来ます。しかし、FXで収入を得る為に必要となった経費については通信費や書籍代、セミナー参加費、交通費など様々なものが有り、自分で集計しなければなりません。

女性

ここで、領収書が無くても経費が認められるとすれば、みんな適当に経費計上して税金を低く申告してしまいますよね()。しかし、税務調査が入ったときに領収書が無い場合、「これだけ経費がかかりました」と調査官を説得出来るでしょうか?難しいですよね・・・。

:平成26年1月以降は、白色申告者(事業や不動産貸付を行う者)にも記帳・帳簿保存義務が課されています。逆に言うと、それ以前は帳簿が必要無かったので、手元に何も資料が残っていない方も普通にいた様です。

お店等が発行してくれた領収書をきちんと保存しておけば、税務調査の際にそれを調査官に見せてFX取引に必要だった事を説明すれば終わりです。つまり、領収書はそれが必要経費だったと証明するための証拠という訳ですね。

従って、FXをする上で必要となった経費については、可能な限り全ての領収書を貰って保存しておく事が必要なのです!

:領収書が有れば何でも経費として認められる訳ではないです。あくまでもFXで利益を得る為に必要だったものに限られます。(関連記事:【完全保存版】fxの必要経費として認められるもの・認められないものまとめ!

確定申告時に領収書を提出する必要は無い!

確定申告をする際には「必要経費の領収書を申告書とセットにして税務署に提出しないといけない」と思っていませんか?

そんな事は有りません!これは、意外にも多くの方が誤解されている様ですね。

FXに関して確定申告をする際に提出が必要な書類は、以下の様に予め決められています。

参考:平成28年分の確定申告から、e-Taxを使わずに書面提出をする場合は、マイナンバーカード若しくは通知カード+運転免許証の本人確認書類のコピーを添付する必要が有ります。(参照元:国税庁

計算明細にはどんな費用がかかったのかを書く必要が有りますが、確定申告時に領収書の添付は求められていません

では領収書はどうすればいいのでしょうか?

答えは、確定申告後5年間、領収書を手元に大事に保管しておく!です。(参照元:国税庁

5年

なぜ5年間なのかというと、確定申告をすると後日申告内容に関して税務調査が入る事が有るのですが、最大で過去5年分(悪質な脱税の場合は7年)まで遡って申告をし直さなければなくなるケースが有るからです。(参照:財務省

つまり「税務調査時に税務署の職員に領収書を見せて説明が出来るように、領収書を保存しておかなければならない」という訳ですね。

なお、たまに申告書提出時や提出後1〜2ヶ月間税務署の人から何も言われなかったからといって、「自分の申告は問題無かった」と思っている方がいますが、それは違います。

申告書提出時(書面提出の場合)には、税務署の方は内容を確認しないですし、提出後1ヶ月程度で連絡が有るのは、申告書上明らかな形式や計算間違いが有る場合のみです。

参考:税務署や提出する日にもよりますが、申告書の受付をしてくれるのはアルバイトの方というケースが多いです。

実際に経費の金額が認められたのかどうかは、税務署から「OKです!」と連絡が有る訳では無いので分かりません。とはいえ、申告書を提出してから税務署から連絡がなく、数年たっても税務調査の連絡が無いので有れば、「税務署としては問題無かった」という事でしょうね。

スポンサーリンク

領収書が出ない様なものはどうする?紛失した場合は?

基本的に、FXに関する経費は全て領収書を取っておく様にすべき事は上で述べました。しかし、中には以下の様に(通常)領収書が出ない様な取引も有りますよね。

  • 電車やバスの運賃
  • 会議中に相手へ出す為に自販機で買った飲み物代
  • 打ち合わせ時に代金を割り勘した場合
  • 取引先に不幸があった際の香典や、お祝い事があった際のご祝儀
  • インターネットでカード決済をした場合

また、他にも取引時に領収書は貰ったものの、後になって紛失してしまった様なケースもあるでしょう。

これらの場合、経費は一切認められないのでしょうか?いえ、そんな事はありません。

領収書が無い場合は、出金伝票を書いて領収書代わりに残しておけばOKです。文房具屋さんやホームセンターに行くと出金伝票が売っていますよ。

出金伝票

なお、出金伝票をわざわざ買って来なくても、メモ書きの様なもので構いません。

重要なのは、経費を支払った際の情報(日付・相手先・金額・内容)が分かるという事です。従って、これらが分かるのであれば、メモ書きでもOKですよ。

ちなみに、最近は電車やバスにICカード(SuicaやPitapaなど)を使って乗車する方が非常に多いです。また、有料道路を利用する際にETCを使って後で料金を支払う方も多いですよね。

これらの場合、基本的にクレジットカードでの決済になるので領収書がありません。また、FX用と生活用で使用するカードやETCを分けている場合は問題ないですが、ごちゃごちゃになっている方が多いでしょう。

この場合は、ネットで利用明細を表示させて、どれが必要経費なのかを区別する様にしましょうね。

FXの経費を計上する時の按分の考え方

FXで経費計上する際、領収書の宛名(名前)はどうする?

領収書の宛名については、どうすれば良いのでしょうか?

最近は聞く事が減りましたが、一昔前まで領収書の宛名に「上様(うえさま)」と記載してもらう方が非常に多かったです。上様はもともと相手を敬う際に使う表現で、目上の人を名前で呼ぶのが失礼に当たるから「上様」と呼ぶ様になったと言われています。

参考:上客様の略という説もあります。

領収書の宛名

「上様という記載でOKなのか」と聞かれると、基本的にはNGです。上様は、特定の個人を表す言葉ではないですからね、その領収書が誰に対して書かれたものなのかが分かりません。但し、税務署の人は宛名が「上様」になっていたからといって、すぐに経費性を否定する事はないでしょう。

また、同様の理由で宛名欄が空欄の領収書も基本的にはNGですが、空欄という理由だけで税務署の方に否定される事はないでしょう。

しかし、上様と書いてもらったり空欄にしてもらうメリットも特にありません。領収書を貰う際は、”自分の名前(名字だけで構いません)“や”個人事業主であれば屋号“を書いてもらう様にしましょう。

FXの経費はエクセルで一覧に!効率的にまとめましょう

年明けになって、確定申告の準備で焦っている方がよくいますが、FXをしている方は時間を無駄にしたくないですよね。確定申告に負われている間にも相場は動き続けています。

そこで、確定申告時期(2月16日〜3月15日)になって焦らない様に、前もって日々の経費をまとめておく事をオススメします。

経費をまとめると言っても、何も難しく考える必要はありません。お小遣い帳をつける感覚で、エクセルに経費を記入していけば良いのです。

例えば、以下の様な集計の仕方でも良いでしょう。確定申告時に自分が見やすければそれで良いと思いますよ。

経費集計

まとめ

いかがでしたか?FXに関する確定申告をする際に、領収書はどこにも提出する必要はありません。

しかし、経費を集計する際に領収書が無いとその集計が合っているのかどうか分からないですよね。また、税務調査があった際に、領収書が無いと実際にかかった経費である事の証明が困難になります。

領収書は可能な限り残しておき、確定申告時期に色々なところから探して出して来るのではなく、毎日しっかりと管理して申告時期に余計な手間暇がかからないで済む様にしておきましょうね。

スポンサーリンク