税理士

FX(外国為替証拠金取引)を専業としている方は、毎年生じた所得について確定申告をしなければなりません(赤字であれば申告をする義務は有りませんが、青色申告をして赤字を翌年に繰り越すのであれば申告が必要です。)

確定申告と聞くと苦手意識の有る方もいるでしょうが、FXの確定申告は自分でも簡単に出来るのでしょうか。それとも、税理士にお願いした方が良いのでしょうか。

ここでは、FXを専業とする方にとっての「税理士の必要性」について書いていきます。

:FXによる所得は雑所得(申告分離課税)が原則で、ここでもそれを前提に話を進めています。但し、中にはFXを個人事業(事業所得)として申告する考え方も有る様です(関連記事:「FX専業トレーダーのFX所得は事業所得or雑所得?」)。

スポンサーリンク

FX専業のトレーダーに税理士は必要?

FX専業のトレーダーは、税理士に確定申告を依頼した方が良いのでしょうか?この点、結論から言うと基本的には不要でしょう。

疑問

同じ投資でも、株式投資の場合は確定申告をせずに利益に対する源泉徴収(特定口座)によって、課税関係を終わらせる事が出来ます(口座開設方法によっては申告が必要なケースも有り。)

一方で、FX取引では源泉徴収がされないので、利益が出たのであれば自分で確定申告をしないといけません。

従って、FXを専業とする限り確定申告は切っても切れない関係にあります。しかし、FXの確定申告自体それほど難しいものではなく自分でも申告書を作る事が可能なのです。

FXの確定申告の悩みが全て解消!書き方から税金の基礎まで全て解説します

とはいっても、「確定申告なんて自分では絶対にしたくない!」「安い報酬で確定申告をしてくれるならお願いしたい!」という人もいるでしょうから、以下で紹介するFX専業トレーダーが税理士に確定申告を依頼する際のメリットやデメリットを見て、依頼するかどうかを決めると良いでしょう。

確定申告を税理士に依頼するメリット

確定申告を税理士に依頼するメリットにはどの様なものが有るのでしょう。

スポンサーリンク

節税対策が出来る!

得をして喜ぶ女性

FXで生じた利益は、申告分離課税の雑所得として申告する事になります。雑所得は「総収入金額−必要経費」で計算されるのですが、FXの場合、総収入金額(FX取引による利益)はFX業者からの取引報告書等で一目瞭然です。

となると、節税を考えるのであれば経費部分を見直していく事になりますよね()。この点に関して、税理士に確定申告を依頼すれば合法的に節税する方法を教えてもらう事が出来ます。

:ポジションを両建てにする事で、FX取引による利益を調整する事も可能です(関連記事:FXのポジションを両建てして税金額を調整する裏ワザ)。

自分で節税の方法を考えるのは限界が有りますからね、専門家に教えてもらうのが手っ取り早い方法です。

とはいっても、FXをするに当たっての必要経費はそれほど多く無いでしょうから、わざわざ税理士に毎年依頼しなくても自分で何が経費になるのかを考える事はある程度出来ますよ。

【完全保存版】fxの必要経費として認められる物・認められない物まとめ!

なお、今後FX法人の設立を考えている場合には、法人化についてもアドバイスを貰う事が出来るでしょうから、その点ではメリットが有りますね。

本業に集中出来る!

FX取引

FXの市場は常に動いているので、FX専業トレーダーにとって時間はとても重要なものです。「確定申告の作業に毎年時間を取られるのがもったいない」、と考えている方も多いのではないでしょうか。

税理士に確定申告を依頼すれば、報酬は発生しますが丸投げする事も可能です。資料だけ集めておいて面倒な作業を税理士に依頼する、つまり、時間をお金で買う様な感じですね。

確定申告という煩わしいイベントから解放されたい方は、迷わず税理士に依頼すると良いでしょう。

確定申告を税理士に依頼するデメリット

一方で、確定申告を税理士に依頼するデメリットとしてはどの様なものが有るのでしょうか。

税理士報酬が発生する〜確定申告費用の相場〜

当然の事ですが、税理士に確定申告のお願いをすると税理士報酬が発生します。報酬体系は税理士によって異なるので何とも言えないですが、FX取引のみの申告であれば、年間1万円〜5万円程度といったところでしょうか。

参考:初めて住宅ローン控除を受けたり医療費控除を受けるといった、イレギュラーな事象が有る場合は報酬が上乗せされる事も有ります。

お金と電卓

「それほど高くないかな」と思った方もいるかもしれないですね。FXトレーダーの確定申告については、収入部分の資料がFX業者から送られて来るので、税理士側としてもそれほど手間がかからないからでしょうね。

但し、場合によっては月次顧問契約を勧めて来る税理士もいるでしょう。この場合は、大体月1万円程度+確定申告報酬3〜5万円程度(年間15〜17万円)が相場です。

個人事業主に対する税理士報酬と考えると良心的ですが、FXトレーダーの確定申告と考えると、高過ぎる気がしますね・・・。個人のFX専業トレーダーで月次顧問契約を勧められた場合は、具体的にどういうサポートをしてくれるのかをしっかりと確かめた方が良いでしょう。

FXにあまり詳しくない税理士もいる

税理士というと、「税金の専門家だから税金の事は何でも知っているだろう」と思ってしまいがちですが、そうではありません。

電卓を触る女性

医者でも内科や整形外科、皮膚科などそれぞれの専門が有りますよね。頭が痛いのに皮膚科を受診しようと考える人はいないはずです。

それと同様に、税理士にも専門分野が有ります。そして、大抵の税理士は個人事業主や法人を相手にしているので「所得税・法人税・消費税」を専門としている事が多いです。

最近は、相続税の基礎控除が引き下げられた事により相続税の申告件数が増えているので、それに伴って相続税専門と謳う税理士も増えて来ましたけどね。

参考:印紙税や登録免許税などについても税理士は当然知っていると思いがちですが、税理士法では税理士の業務から印紙税・登録免許税・関税等を除外しているのです(税理士法第2条)。従って、税務調査の現場でも、これらの税目に関しては税理士を通さずに行われます。

そう考えると、「FXは所得税なのだから、一般的な税理士であれば余裕なのでは?」と思うかもしれませんが、所得税といっても10種類有り、全てを知り尽くしている税理士はそれほど多く無いでしょう。

苦手

また、税理士の平均年齢は60歳前後と高いので、FX自体知らない税理士も結構多いはずです。さらには、FXは知っていても申告分離課税だという事を知らない税理士もいるでしょう。というのも、FXや株式投資などに関する投資税制は複雑で、苦手としている税理士が多いからですね。

FXに関する確定申告自体決して難しいものではないので、FXや投資の税制に詳しくない税理士にお金を払ってまで確定申告をしてもらう意味は有るのでしょうか?

税理士だったら誰が申告しても一緒、と考えずにFXの申告が得意かどうかをホームページやお問い合わせなどで調べておいた方が良いでしょうね。

FX専業ではなく、他にも事業等の所得が有る場合

FX専業のトレーダーを前提に税理士の必要性を考えて来ましたが、FX専業ではなく他にも事業等の所得が有る方の場合はどうでしょう。

副業でFX

FXはおまけで本業が別に有る方は、基本的に本業で税理士が必要かどうかを考える必要が有ります。最近は会計ソフトがとても使いやすく多機能なので、従業員を雇わずに1人で事業をしている様な方であれば、比較的簡単に確定申告をする事が出来るでしょう。

しかし、従業員がいれば年末調整をしなくてはならないですし、取引量が多い場合は仕訳の量も多くなるので記帳業務が大変です。

そこで、本業が忙しくてFXの申告まで自分でやるのが大変な場合は、迷わず税理士にお願いした方が良いでしょう。個人事業で税理士に確定申告を依頼する場合は、FXの申告料はサービスしてくれる・・・かもしれないですよ。

まとめ

いかがでしたか?FX専業の方は、基本的には税理士を付けずに自分で確定申告をした方が安上がりで良さそうですね。一方で、FXとは別に事業等の所得が有る方については、その事業の規模や処理の複雑性などによって税理士の必要性が変わって来ます。

個人事業主の中には、規模に関わらず「数字が嫌いだから」という理由で確定申告を税理士にお願いする方がいますよね。もちろんそれはそれで構わないですが、FXをしている様な方で数字が嫌いだというケースはあまり無いです。従って、自分で出来るのであれば、自分でした方が良いでしょうね。

スポンサーリンク