「FXの税金・確定申告【個人】」の記事一覧

節税のプロが教える!小規模企業共済・iDeCo・国民年金基金の違いと加入の優先度

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
悩むサラリーマン

老後の資金や退職金の準備方法として人気の「小規模企業共済・iDeCo・国民年金基金」。これらの制度の違いをちゃんと理解していますか?どれも基本的な目的は老後資金の準備なので同じですが、制度上異なる点も色々とあります。「思っていたのと違うし、お金もないから」と言ってあとでやっぱり違う制度を利用しようと思っても、途中解約の制限があるし、解約出来てたとしても戻ってくるお金が少なくなり、損をする可能性が高いです。それぞれの制度がどう違うのかについて、主な項目に焦点を当てて解説していくのでここでしっかりと学んでおきましょう。また、加入するのであればまずどの制度がオススメなのか、という点についても解説していますよ。

個人の青色申告とは?メリット・デメリットを1から10まで徹底解説!

FXの税金・確定申告【個人】
確定申告する女性

個人の確定申告の方法には青色申告と白色申告とがありますが、両者の違いは知っていますか?個人事業を始めて届出をするために税務署にいくと真っ先に青色申告を勧められますが、青色申告をするとどんな恩恵が受けられるのでしょうか。ここでは、青色申告をする事によるメリットやデメリットについて解説していきます。青色申告をすると税金が安くなり、融資も受けやすくなるなどいい事づくしですよ!逆に白色申告をするメリットはあまりないので、これを機に今まで白色申告だった方も青色申告に切り替えてみてはどうでしょう。

FXやCFD取引にはなぜ源泉徴収制度がないのか?

FXの税金・確定申告【個人】
むしゃくしゃする女性

FX取引による利益は「先物取引による雑所得等」として申告分離課税の対象です。一方で、株式取引による利益も同じく申告分離課税の対象ですが、株式取引の場合は特定口座(源泉徴収あり)を選べば確定申告をする必要はありません。FX取引は業者が源泉徴収してくれないので、確定申告をしないといけないですが、なぜ株式取引の様に源泉徴収をしてくれないのでしょうか?ここでは、なぜFXやCFDに源泉徴収制度がないのか、という点についてわかりやすく解説していきます。

ふるさと納税の意外な落とし穴!?返礼品(特産品)は一時所得として課税の対象になる!

FXの税金・確定申告【個人】
驚く女性

ふるさと納税をすれば、所得税や住民税が減るだけでなく自治体から返礼品を貰うことが出来るので、上限金額まではふるさと納税をした方が良いでしょう。しかし、ふるさと納税をする事によって税金が発生してしまうことがあるのです。ふるさと納税の返礼品は一時所得に該当するので、人によっては確定申告が必要になります。ここでは、なぜ返礼品が一時所得になるのか、どういう方が確定申告をしなければならないのかなどについてわかりやすく解説していきます。

未決済でもスワップ金利分のみ出金が可能なFX会社と引き出したスワップ金利分に対する税金の取扱い

FXのスワップポイント・スワップ金利 FXの税金・確定申告【個人】
FX

FX取引をしていて、ポジションは未決済のままスワップポイントだけ引き出したいと思った事はないですか?基本的にポジションは未決済でもスワップポイントを引き出す事は可能です。しかし、気になるのは引き出したスワップポイントが税金の対象になるのかどうか、ですよね。この点については、スワップポイントだけを引き出せるか同様に、FX業者によって取り扱いが異なります。そこで、ここでは、FX業者毎にスワップポイントのみを引き出す事が出来るのか、引き出せる場合は引き出すと税金がかかるのか、について見ていきましょう。

未決済ポジションのスワップポイントに税金がかかるFX会社とかからないFX会社まとめ

FXのスワップポイント・スワップ金利 FXの税金・確定申告【個人】
疑問に思う女性

FXで得られる利益には、為替差益とスワップポイントとが有ります。為替差益はポジションを決済したときに税金の対象になるという事はわかりますよね。では、毎日もらうことのできるスワップポイントについてはどうなのでしょうか?毎日課税されるのでしょうか?それともポジションを決済した場合にのみ課税されるのでしょうか。ここでは、未決済のスワップポイントに税金が課せられるのかどうかについて見ていきましょう。

FXスワップポイント派必見の確定申告書の書き方・記入例まとめ【事例タップリ】

FXのスワップポイント・スワップ金利 FXの税金・確定申告【個人】
確定申告で悩む女性

FXのトレーダーの中には、大きく分けて積極的に為替差益を狙うタイプの方と、長期的にスワップポイントを狙いに行く方とがいます。スワップポイント派の方はどの様にして確定申告書を書けばいいか知っていますか?ここでは、スワップ派の方向けに確定申告書(特に計算明細書)の書き方を紹介して行きます。初めて申告する方は何かと不安でしょうが、慣れてしまうとあっという間に作る事ができますよ。ぜひ学んでおきましょう。

【完全保存版】FXの必要経費として認められるもの・認められないものまとめ!

FXの税金・確定申告【個人】
○と×を出す女性

FXの所得について確定申告をする際に、取引利益から必要経費を引く事ができるのですが、必要経費って一体何なのでしょうか?何が必要経費として認められて何が認められないのか、なかなか判断が難しいですよね。例えば、FX関連のセミナー代やパソコンの購入費用、自宅の家賃などetc...ここでは、なにがFXの必要経費として認められるかどうかについてわかりやすく解説していきます。

何割までOK!?自宅でFX取引をしている時の経費の家事按分!

FXの税金・確定申告【個人】
パーセント

FX所得の計算をする際、収入金額から必要経費を差し引く事が出来ます。FX取引にかかる必要経費といえば、通信費やセミナー参加費、書籍代、家賃、高熱費・FXのために購入したパソコン代(減価償却費)などが主なものです。しかし、通信費などの様に生活と密着している様なものについては、完全にFXのために発生したとはいえず、生活費とFX取引で発生した割合に応じて分ける必要があります。そこで、ここでは必要経費の分け方(家事按分)について見ていきましょう。結構家事按分は税務調査で指摘される事項ですので、保守的にやっていくことをおすすめします!

【丸パクリOK】確定申告書上でのFXの経費の書き方・記入例

FXの税金・確定申告【個人】
確定申告で悩む女性

FXの利益が出て確定申告が必要となったものの、必要経費(パソコンや通信費、新聞、セミナーなど)をどうやって書いたら良いのかわからないという方が結構多い様です。必要経費は収入金額から差し引く事が出来るので、可能な限り計上して節税したいものですよね。そこで、ここでは確定申告書上でFXに関する必要経費の書き方についてみていきましょう。イータックス(e-Tax)を使う場合の記入方法も紹介していますよ。ちなみに必要経費として計上した項目に関して領収書を税務署に提出する必要はありません。自宅でしっかりと保管しておきましょう!

住宅ローン控除とマイホーム3,000万円特別控除の併用の可否

FXの税金・確定申告【個人】
家から顔を出す女性

マイホームを売った時に使える3,000万円の特別控除。マイホームの売却は本来であれば譲渡所得として課税対象になりますが、この制度があるおかげで売った時の税金がかからなくなるので嬉しい制度ですよね。しかし、基本的にこの特別控除と住宅ローン控除は併用する事ができません。そのことを知らずにいざマイホームを売って新たに買うってなったときに慌てる方も多い様です。そこで、ここでは3,000万円の特別控除と住宅ローン控除の併用について解説していきます。実は併用するテクニックもあるので、そこについても見ていきましょう。(ただし、併用テクニックはタイミングをズラすだけなので根本的な解決にはなってないですが・・・)

外貨を別の通貨や別の外貨商品に変えた時の税金・為替差損益

FXの税金・確定申告【個人】 外貨預金
外貨

外貨を円に戻さずに他の外貨へと交換した場合、為替差損益を認識する必要が有るのでしょうか?「円→ドル→円」という動きであれば良いですが、それ以外の場合はどうなるのかパッと分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは外貨を円以外の外貨や外貨商品に交換した場合の税金について解説していきます。外貨から外貨は計算が結構面倒くさいので毎回の取引後に為替レートをチェックしてメモしておくと申告の際に楽ですよ!それは仮想通貨の売買時も同様です!

総合課税と分離課税(申告分離課税&源泉分離課税)の違いと対応する投資商品

FXの税金・確定申告【個人】
税金

税金の課税方法には総合課税・申告分離課税・源泉分離課税の3つがありますが、これらの違いは何か知っていますか?投資にまつわる税制は複雑で、どの投資商品にどの課税方法が適用されるかを知っておかないと、後で多額の税金が発生してしまい損をする可能性があります。ここでは課税方法の違いと対応する投資商品をまとめておきたいと思います。細かな部分を覚える必要はありませんが、株式取引・FX取引にプラスして自分が利用している金融商品の税制くらいはしっかりと理解しておきたいとところです。

海外のFX業者の口座を利用した場合の税金計算・確定申告方法まとめ

FXの税金・確定申告【個人】 海外FX
FX取引

海外FX業者の口座を使って利益を得た場合の確定申告方法を知っていますか?国内業者を使った場合と税金計算方法が異なるので注意が必要です!海外FXの場合は総合課税の雑所得となるので、利益の額によっては所得税の税率が最大で45%にまでなります。必要経費も漏らさず入れて節税対策もバッチリの正しい確定申告をしましょう!尚、海外のFX業者を使えば脱税してもバレないでしょ??とか考えているあなた!非常に甘いです!昨今の税金の取り締まりは非常に厳しく、ほぼ高い確率で脱税すればバレます(金額的に小さければお咎めなしの場合もあるかもしれませんけど。)

支払家賃や光熱費を損金計上する時のポイント・注意点

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
支払家賃

自宅を事務所兼用にしている方!支払家賃や光熱費を必要経費や損金として計上していますか?自宅の家賃や光熱費でも、事業に使っているのであれば問題なく経費として計上する事が可能です。但し注意点があります。特に個人の方が自宅を事務所として経費処理する場合、住宅ローン控除を受けられないこともありますでの要チェック。デメリットはあるものの、メリットが非常に多い経費計上でもありますので、しっかりと理解して日々の節税に取り組んで下さい!

FXの損失は確定申告するが勝ち!繰越控除で損失を3年間繰り越しして節税しよう!

FXの税金・確定申告【個人】
電卓と女性

FXで損失を出した場合きちんと確定申告をしていますか?雑所得は原則として損益通算や繰越控除の"対象外"ですが、FXによる所得は例外です。損失が出た場合に確定申告をすれば翌年以降3年間にわたって損失を繰り越す事が出来ます。繰越控除の適用を受けておけば、翌年以降に利益が発生した場合に税金を少なくすることが出来ます。面倒臭がってやらない人も多いですが、これをやっているかやっていないかで簡単に数十万・数百万円単位で手取りが変わることがあります。ここでは、損失を繰り越す際の確定申告方法について見ていきましょう。

お得!国民年金基金の掛金はすべて社会保険料控除!節税額はいくら?

FXの税金・確定申告【個人】
老人夫婦

退職金の無い自営業者にとって強い味方である国民年金基金。老後の資金を貯めるだけでなく節税効果もバッチリです。加入時に将来の年金額も分かるので、老後のプランニングもしっかりと出来ます!ちなみに国民年金基金の掛金は全額が「社会保険料控除」となります。いま話題のiDeCoは「小規模企業共済等掛金控除」なので節税という意味では国民年金基金の方が有利です。家族の支払い分も控除対象に出来るので高所得者の配偶者がいる方などはチャンス!他にもデメリットや基金の安全性についても見てみましょう。

サラリーマンでもFX所得を事業所得として青色申告する事は可能?そのリスクとは?

FXの税金・確定申告【個人】
疑問に思うサラリーマン

サラリーマンでFXをしている方が、FX所得を事業所得として青色申告する事は出来るのでしょうか?青色申告が出来れば、FXで損失が出ても給与所得と通算出来るので嬉しいですよね。また、事業所得として青色申告をした場合、他にどの様なメリット・デメリットが有るのでしょうか。ここでは、サラリーマンが副業でFXをしている場合の確定申告について考えていきます。

【保存版】個人の所得税の計算の流れ~税率や所得控除の内容も分かる!

FXの税金・確定申告【個人】
税金

個人の所得税はどの様にして計算するのでしょうか?所得税の計算の過程では所得税率や所得控除、税額控除などを使うのですが、サラリーマンは年末調整で完結するので、あまり気にする事も無いでしょうから知らない方も多いですよね。ここでは、サラリーマンの給与所得をベースにどの様にして所得税の計算がされるのかを解説していきます。

【要注意】意外に知られていない小規模企業共済のデメリット

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
提案する女性

掛金は全額所得控除が受けられ、共済金を受け取る際にも税制上の恩恵が受けられるメリット満載の小規模企業共済。しかし、メリットばかりではありません。知らないと損するデメリットも潜んでいるのです。ここでは、小規模企業共済に加入する事で得られるメリットのおさらいと、加入前に知っておきたいデメリットについて見ていきます。

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)を解約する際の注意点や解約手続きの方法

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
提案する女性

セーフティ共済(倒産防止共済)を解約する際は、全額収入金額となるので税金(所得税・住民税)が通常の年よりもたくさん発生する可能性が有ります。従って、解約する場合はタイミングがとても重要となって来ますよ!そこで、ここでは解約時の注意点や解約時の手続き方法について見ていきましょう。

【完全保存版】小規模企業共済の基本と節税メリットの試算

FXの税金・確定申告【個人】 FX法人化
自営業者

個人事業主にとって最強の節税商品と名高い中小機構の「小規模企業共済」。退職金の無い個人事業主にとって効率的に老後の資金を貯める事の出来る優れた共済です。支払った掛金は全額所得控除で解約時の共済金も税制優遇有り。そんな小規模企業共済についてここでは基本から解説していきます。

【事例あり】外貨預金で為替差益が出たときの確定申告書の書き方と計算方法

FXの税金・確定申告【個人】 外貨預金
為替

外貨預金で為替差益を得た場合は確定申告が必要となります。この為替差益の税金はどの様にして計算するのでしょうか?また、確定申告書にはどの様に記載すればいいのでしょうか?初めてだと戸惑うかもしれませんが、一度理解するととても簡単に確定申告出来ますよ!

FXの税率及び税制改正の歴史【2017年最新版含めまとめ表あり】

FXの税金・確定申告【個人】
税金

2017年現在、FXによる所得は先物取引に係る雑所得等として20.315%の申告分離課税の対象です。日本でFX取引が始まって20年程度ですが、現在の脱税者を確実に捕捉する厳しい税制度に至るまでには様々な改正がされています。ここでは、FXを取り巻く税制の歴史について見ていきましょう。

外貨MMFの税金のすべて!改正で無税メリットは終了

FXの税金・確定申告【個人】 FX以外の金融商品
税金

外貨MMFは2015年末まで譲渡益(為替差益)が非課税という、とても恵まれた投資商品でした。しかし、2016年1月1日以降は課税対象となり、投資商品としての魅力は激減!ここでは、外貨MMFの現行と過去の課税関係を紹介すると共に、外貨MMFの税金に関係する諸疑問に答えていきます。

法人の事業年度・決算月は何月に設定すべき?主観おすすめランキング

FXの税金・確定申告【個人】
カレンダー

法人の決算月は何月にしていますか?適当に会社を設立するタイミングだけで選んでないでしょうか。決算日は会社の節目という意味ではとても重要です。自分なりの信念を持って決算月を決めているのであればいつでも構わないですが、ここでは「税務調査リスク」に着目して、オススメの決算月ランキングを紹介していきます。決算月によって税務調査の入る可能性が変わる・・・かも!?

FXや株で法人化をする前に知っておきたい資金管理の話

FXの税金・確定申告【個人】
資金管理

FXや株の取引をしているトレーダーが法人化をする場合、資金管理をしっかりと考えておく必要があります。法人化する根本の目的は、自分の資金を増やす為の筈ですからね。ハイレバレッジ取引に目がくらんで、資産を失わない様に利益目標をしっかりと立てて取引しましょう!

個人の税額控除の種類と所得控除との違い

FXの税金・確定申告【個人】
納得する女性

所得控除と税額控除の違いを知っていますか?どちらも税金が安くなるのですが、その影響力や申告書上の記載場所などは違います。ここでは、主な税額控除の内容や所得控除との違いなどについて分かりやすく解説していきます。税金が安くなるものなので、忘れずにしっかりと控除を受ける様にしましょう!

FXの利益は住宅ローン控除やふるさと納税の限度額に影響するの!?

FXの税金・確定申告【個人】
疑問に思う女性

住宅ローン控除を受けている方が給与以外にFXでの利益を得た場合、FXの利益部分に対して住宅ローン控除を使う事は出来るのでしょうか?また、ふるさと納税の限度額にはFXの利益部分は反映されるのでしょうか?ここでは、FXと住宅ローン控除・ふるさと納税の限度額との関係について見ていきます。

FX専業トレーダーのFX所得は事業所得or雑所得?

FXの税金・確定申告【個人】
疑問

FXによる利益は分離課税の雑所得として申告するのが基本です。しかし、FX専業のトレーダーの場合はどうなのでしょうか?この場合、雑所得として申告するのか事業所得として申告するのか悩む所ですよね。ここでは、FXの利益が事業所得なのか雑所得なのか、について見ていきます。

ページの先頭へ